スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴門市阿波おどり

「鳴門市阿波おどり」に来ませんか!

IMG_2644.jpg

こんにちは。佳実窯(大谷焼)の三代目窯主・瀧野佳宏です。
暦の上では、今日から秋、立秋です。あくまでも…^^)。
お盆を目前に、徳島は阿波おどりの熱気が
じわじわと濃度をあげています。

そして、県内で最初に阿波おどりの幕をあげるのが、
大谷焼のふるさと、鳴門市です。

しかも、初日は明日9日(土)!
11日(月)までの3日間、JR鳴門駅周辺を中心に、
踊る阿呆、見る阿呆のみなさんが入り乱れ、
阿波の夏を彩ります。

週末、徳島に観光にいらっしゃっているみなさん、
一足早く帰省していらっしゃるみなさん、
鳴門市阿波おどりを、ぜひ楽しんでください。

_7303937.jpg
▲大谷焼に使う粘土は、ゆっくりと手間暇かけて作っています。

_7303940.jpg
▲ご近所で飼われているネコ。通称クロ。工房での昼寝が気に入ってるみたいです^^;)


佳実窯では、随時工房・窯見学のお申込みを受け付けています。
また、体験教室、陶芸教室、商品販売、注文生産も実施しています。
お気軽にお問い合せください。

お問い合せは、大谷焼窯元「佳実窯」まで。
電話 088-689-0172

スポンサーサイト

ふるさとの夏の思い出に!

徳島のお盆。阿波おどりと日本酒の夏。

_7303914.jpg

もうすぐお盆シーズン。徳島でお盆と言えば「阿波おどり」です。
徳島市の阿波おどりは
例年8月12日~15日にかけて行われています。
大谷焼の里のある鳴門市の阿波おどりは、これより少し早く、
8月9日~11日の3日間、JR鳴門駅周辺をメーン会場に、
踊る阿呆と見る阿呆の熱気が渦巻きます。

県外に出ていた家族や親族が、お墓参りを兼ねて帰省し、
阿波おどりを楽しみ、また思い出話や近況報告に花を咲かせ、
楽しい時間をみんなで過ごします。

そんな楽しい席に欠かせないのは、
夏の涼につながるビールでしょうか。
よっく冷やした大谷焼(佳実窯)のビールグラスに
冷たいビールを注ぎ、
一気に飲み干す爽快感は代え難いものがあります。

いっぽうで、鳴門名産の鯛のお刺身をつまみながら、
徳利(とっくり)からそそぐ冷酒を、
ゆっくり味わうのも阿波の夏の楽しみです。
大谷焼のぐい飲みを片手に、大谷焼の徳利には鳴門産の日本酒、
大谷焼の皿に盛った鳴門鯛を肴(さかな)に、
阿波おどりのぞめきに耳を傾ける。
この夏、ぜひお試しください。

_7303915.jpg
▲佳実窯(大谷焼)の徳利。1,050円(税込み)です。

佳実窯では、随時工房・窯見学のお申込みを受け付けています。
また、体験教室、陶芸教室、商品販売、注文生産も実施しています。
お気軽にお問い合せください。

お問い合せは、大谷焼窯元「佳実窯」まで。
電話 088-689-0172


プロフィール

瀧野佳宏

Author:瀧野佳宏
阿波の伝統工芸・大谷焼。
数ある窯元の一軒として
私たち佳実窯も
歴史ある陶器づくりの技を
守り、育てています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。